夢の治療薬

にゃんこ部屋

少し前に話題になっていたニュース

私も注目していました。

猫の腎臓病“治療薬”の開発に1カ月で総額1億5500万円の寄付…実用化で寿命はどれだけ延びる? 研究者に聞いた(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
飼い猫がかかることが多いという「腎臓病」。その治療薬を開発している東京大学の教授の研究に対し、多くの人から寄付が寄せられている。

日本では1000万頭近いネコが飼われていますが、実はその多くが腎臓病で亡くなっています。 宮﨑先生は、血液中に存在するAIMという遺伝子を20年前に発見して以来、 このタンパク質の研究に打ち込んできました。その過程でAIMが腎臓の働きを改善することがわかり、 ネコの寿命を大きく伸ばす可能性のある薬の開発に取り組んでいます。

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/z1304_00002.html

数日のうちに数千万円規模の寄付が集まって、1か月で総額1億5500万円にまで達したとはびっくりです。

それだけ、猫を大切に思っている人が多くて、新薬に対する期待が大きいということですね。

私もわずかですが、寄付をしました。

わが家のなーちゃんはまだ1歳ですが、もしかしたら将来腎臓の病気になるかもしれません。

腎臓病の治療のために、定期的に動物病院に通っているというお話もよく聞きます。

今必死に治療をしている猫さんも多いと思います。

1日も早く、必要な猫さんに薬が届きますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました