子猫がやってくる!準備するものリスト

にゃんこ部屋

猫をはじめて飼うときって、まずは何を準備したらいいんだろう…?

私は猫との暮らしが初めてだったので、何がいるのか・いらないのか、正直よく分からず…。

たくさんの情報を調べて、実際に自分で使ってみて、「これは買ってよかった!」というグッズをまとめました。

まずはコレ!必須アイテム

キャリー

私の場合、動物愛護センターに子猫をお迎えに行くことになっていました。

なので、事前に動物愛護センターから「お迎えのときにキャリーを持ってきてください」と連絡がありました。

自宅に猫さんを連れてきてもらう場合もあると思いますが、その後の動物病院の受診や、ワクチン接種の時にも、キャリーは必須アイテムです。

どんなキャリーがおすすめ?

  • 車移動が多いなら丈夫なハードタイプ、歩いて持ち運ぶならリュックや肩掛けタイプが便利。
  • 猫が出入りしやすいように開口部を大きく開けることができるものがおすすめ。

私は、基本的に車で移動することになるので、安全を考えてハードタイプのプラスチックのキャリーにしました。

こちらはホームセンターのカインズで購入。

動物病院に行ったとき、キャリーからなかなか出てこないことがありましたが、上のフタがぱかっと開くので、楽に出してあげることができました。

値段の割に丈夫だし、汚れても手入れがしやすいので、買ってよかったです!

【カインズ】ペッツワン ペットハウスにもなるツインドアキャリー M
ペッツワン ペットハウスにもなるツインドアキャリー Mならカインズ。オリジナル商品やアイデア商品など、くらしに役立つ商品を豊富に品揃え。7000円(税込)以上で送料無料。店舗在庫の確認、取り置きもできます。

災害時に備えて、リュックタイプのキャリーを買い足そうかと思っています!

猫トイレ

猫のトイレの種類

猫のトイレって「いったい何十種類あるの!?」ってくらい選択肢があるんですよね。

猫砂かシステムトイレか、大きさ、形、屋根なし・ありなどなど…。

私は最終的に花王の「ニャンとも清潔トイレ」を選びました。

  • ケージに入る大きさであること
  • システムトイレ
  • 掃除がしやすいシンプルなトレイタイプ

これが選んだ基準です。

偶然ですが、買ったものが動物愛護センターで使われているシステムトイレのチップと同じだったので、わが家に来た後もすぐに新しいトイレに慣れてくれました。

子ねこ用コンパクトタイプ│ニャンとも清潔トイレ 猫用システムトイレ│花王株式会社
猫用システムトイレの花王「ニャンとも清潔トイレ」子ねこ用コンパクトタイプのご紹介です。子猫へのやさしい工夫がたっぷり。針葉樹のチカラと3つの脱臭成分で、ウンチと尿を強力脱臭!リビングでも臭いません。

猫トイレの注意点としては、「意外とデカい」というところですね…。

特に成猫用のトイレは、初めてお店で見たときは「でかっ!」と驚きました。

通販で買う場合もあると思いますが、サイズ感を確かめておくのがおすすめです!

フード・おやつ

動物愛護センターの獣医さんによると「環境が変わることは猫にとってストレスになるので、少なくとも1週間くらいは、それまでに食べていたフードと同じものあげたほうがよい」とのことでした。

なので、あわてて買いだめをしないで、それまでに食べていたものをチェックしてから購入するのがおすすめです。

おやつは(あげすぎは注意ですが)猫の年齢にあったものをいくつか準備しておくとよいと思います。

爪切り

爪切りも必須アイテムです。爪を切らないと、抱っこしたときに爪があったってすごく痛い!

猫の安全のためにも、爪はちょくちょく切る必要があるので、まず買っておいて間違いないです。

ハサミのタイプが扱いやすくて便利です。

これもカインズで買いました。お手頃価格だし、初心者でも簡単に使えるし、切れ味もいいので気に入っています!

【カインズ】猫用 カーブ爪きり
猫用 カーブ爪きりならカインズ。オリジナル商品やアイデア商品など、くらしに役立つ商品を豊富に品揃え。7000円(税込)以上で送料無料。店舗在庫の確認、取り置きもできます。

ケージ

ケージを買うか、買わないかも悩むところだと思います。

私は、子猫の居場所を作ってあげたかったのと、ケージがないと安心して外出できそうにないなと思ったので買いました。

ケージの中は狭いけど「縦に移動できると猫が運動できて良い!」と聞いたので、2段のケージを選びました。

こちらはコーナンで買いました。(ホームセンターだいすき)

コーナン オリジナル キャットケージ 2段 チョコブラウン(2段チョコブラウン): ペット | ホームセンターコーナンの通販サイト
コーナン オリジナル キャットケージ 2段 チョコブラウン(2段チョコブラウン)木材・建材からDIYやガーデニング、ペット用品、オフィス文具までの充実の品揃え!

結果的に、自分が不在の間に子猫が危険なことをしてしまわないか不安だったので、安心して出かけるには買ってよかった!と思います。

ただ、なーちゃんが実際にケージで生活をしていたのは初めの1~2カ月くらいです。

しばらくすると、ケージに入れたとたんに「出して~」とにゃーにゃー文句を言うようになったので、次第に使わなくなりました。

今では、ベランダの窓を開けるときなどに「安全な一時避難場所」として使っています。

「災害時にためにケージにも慣れさせておくほうがいいよ」と聞いたので、リビングに設置したままですが、ちょっと場所を取るので、家族からは「そろそろ片づけない?」と言われています。

子猫の間はジャンプしても上の方には登れないので、子猫の期間だけ!と割り切るなら、小型のケージでも十分だと思います。

おもちゃ

まずはシンプルな猫じゃらしが2本くらいあれば十分だと思います。(1本300~500円くらい)

何より誤飲が心配だったので、「パーツを飲み込んでしまわないか」という点を注意して選ぶようにしました。

子猫でも嚙む力は意外に強くて、おもちゃはあっという間にボロボロになります。

誤飲防止のために、使わないときは引き出しなどにしまうようにしましょう。

爪とぎ

早いうちから「爪とぎはここでするよ~」と覚えてもらうために、あったほうがいいです。

いろんなタイプの爪とぎがありますが、まずはシンプルな段ボール製のもので十分です。(安いし)

爪とぎは消耗品ですし、後々絶対に必要になるので、買っておいて損はありません。

ただ、猫によって好みがあるので、「せっかく買ったのに使ってくれない…」ということもあり得ます。ダメージを減らすために、まずは安いものにしておくのがおすすめです!(経験談)

まとめ

他にもあった方が便利なもの(食器とかブラシとか)はたくさんありますが、猫をお迎えするにあたって、まずはこれだけ揃えておけば大丈夫だと思います。

その他の便利グッズも、また紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました